記事一覧

白スニーカー春コーデの定番

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

春のコーデのアクセントに、白スニーカーはいかがでしょうか。カジュアルさだけでなく、ホワイトならではの品のよさ、さわやかさが魅力的。幅広いコーデで活躍してくれます。今回は、白スニーカーのおすすめメンズブランドをご紹介いたします。白スニーカーをおしゃれに使ったコーデも一緒に集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。
各ブランドから定番カラーとして展開されている白スニーカー。一口に白と言っても、ホワイトベースに他のカラーのアクセントが入っているものからオールホワイトのものまで、さまざまな種類があります。初めてホワイトコーデに挑戦する方にはブラックなどの締まったカラーがあるものがおすすめ。

コーデのバランスが掴めたら、オールホワイトでさらにかっこいい着こなしに、プラス1足買い足すのがおすすめです。何足あっても困らないのがスニーカーのいいところ。さまざまな種類の白スニーカー、お好みのものをぜひ探してみてください。
昨年より継続してこの春もトレンドのホワイトコーデ。コーデの中に白のアイテムを取り入れるだけで、簡単にさわやかなコーデを完成させることができます。普段白はあまり着ない方、少し抵抗のある方は、小物から徐々に白色を取り入れてみてはいかがでしょうか。

人気は白スニーカー。足元をトレンドカラーにするだけで、全体がすっきりとおしゃれな印象を与えてくれます。
デニムのブルーとホワイトが春らしいコーデ。絶妙に計算されたバランスは誰もが認めるおしゃれな雰囲気。白スニーカーがかっこよくキマっています。継続して人気のホワイトコーデも、定番デニムと合わせた着こなしならチャレンジしやすいですよね。せっかくの春、白スニーカーでトレンド感のある着こなしを楽しんじゃいましょう。
白シャツの軽やかさと白スニーカーのラフさが、定番のカジュアルスタイルに品のよさをプラスしたコーデです。カモフラ柄のハットが遊び心あるおしゃれな雰囲気。足元を白で合わせるだけで、ずいぶんと明るく清潔感のある印象に仕上がります。
全身をグレーでまとめたコーデに白スニーカーが映える、春ならではのコーデが素敵。タックの入ったきれいめパンツの足元を、上品に演出してくれます。インナーにちらりと見えるホワイトと、白スニーカーの組み合わせはぜひ真似したいポイント。スエードの白スニーカーをより魅力的に魅せてくれます。
ストライプ柄のシャツがインパクト抜群のコーデは、カーキのパンツを合わせた人気のミリタリーテイストがおしゃれ。ブラックのライン入りの白スニーカーが、より洗練された印象を与えてくれます。柄など濃いめのトーンのコーデでも、足元を白スニーカーにするだけで一気に春らしくなります。
ジャケットをさらりと羽織ったきれいめスタイルの足元にも、春の鉄板、白スニーカーがアクセント。シンプルさを際立たせたハイセンスな着こなしはどこから見てもおしゃれな印象。カジュアルなコットン素材のジャケットに合わせたシューズ選びがおしゃれですよね。白スニーカーとの絶妙なバランス、ぜひ挑戦してほしいコーデです。

1948年、アドルフ・ダスラーによりドイツで創設されました。バスケットシューズ、スーパースターの爆発的ヒットにより、一躍トップブランドの仲間入りを果たしました。最近では、クライマクールやブーストシリーズなど、機能性を追求したシューズは現在もなお世界から注目を受けています。

また、オリジナルスやネオなど、それぞれ違った表情を見せるラインナップがあり、さまざまな世代から人気を集めるスニーカーの王道ブランドです。
とことんスポーツカジュアルにこだわったアディダスの白スニーカーは、動きやすい軽量なモデルがおすすめ。シンプルなアッパーデザインが快適な履き心地です。アディダスのブランドロゴがアクセント。クッション性に優れているので、街歩きにぴったりの白スニーカーです。

春は行楽シーズン、ハイキングなどのレジャーにも頼もしいスニーカー。足元をさわやかに演出してくれる白色で、楽しく遊びつくしちゃいましょう。
1908年にアメリカで創立、冬場に活躍するシューズを作る会社でしたが、年中販売できるシューズを、と開発されたのがキャンバスオールスターでした。バスケットシューズの代名詞とも言われるそのシューズは、現在もなお累計販売数を伸ばし続けています。

他にもジャックパーセルなど根強い人気を誇るモデルが多く、それらは世界の定番スニーカーとして永く愛され続けています。ファッション界では欠かせないスニーカブランドとして君臨し続けています。
ホワイトのベースにブラックのラインがスタイリッシュ、ゴールドのブランドロゴが華やかな白スニーカーです。ラインが入ることによって引き締まった印象を与えてくれます。定番のカジュアルスタイルはもちろん、シャツやハットを合わせたモード系のファッションなど、幅広いコーデにアクセントを加えてくれるおすすめのアイテムです。

コンバースならではの洗練された白スニーカーで、普段のコーデをよりおしゃれな雰囲気に。白スニーカー初心者の方におすすめです。
「誰もがみんなアスリートだ。アスリートが存在する限り、ナイキも存在する。」と言うビル・バウワーマンの言葉をもとに、成長を続けるナイキ。オレゴン大学の陸上コーチであったビル・バウワーマンと、その選手であったフィル・ナイトの二人によって創設されました。さまざまなスポーツが持つ特性に合わせたワッフルソールやエアシステムなど、機能性の高いスニーカーは、世界中のトップアスリートを支え続け、信頼を得ています。
ナイキの定番グランドテラスも、真っ白ならまた違った清潔感あふれる印象を与えてくれます。一目見てナイキだと分かるデザインがおしゃれですよね。これからの春夏に向けて、さわやかさあふれるコーデを楽しむことができます。白スニーカーならではのトレンド感を簡単にプラスできる優秀アイテムとして非常に人気の高いものとなっています。春も継続して人気のオールホワイトコーデにおすすめの白スニーカーです。
矯正靴やアーチサポートインソールの生産を行っていたニューバランス。その知識を生かしたランニングシューズを開発するやいなやアスリートから絶大な評価を受け、今なお愛され続けています。フレッシュフォームテクノロジーやバジーシリーズなど、機能性を追及したシューズづくりを行っています。

深い歴史を持つニューバランスは過去のモデルの人気も高く、そのクラシックな雰囲気はファッションアイテムとしても人気の高いブランドです。
ヘリンボーンの織り柄が同じ白スニーカーの中でもやや個性的な雰囲気。レトロな配色がやわらかい印象を与えてくれます。伝統的な製造方法であるバルカナイズド製法を採用しクラシカルさを大事にしながらも、内蔵されたニューバランス独自のクッションが足に負担をかけず軽やかな履き心地を実現しています。白スニーカーは見た目にも涼しげなのがいいですよね。定番デザインとシンプルさがコーデをじゃませず、すっと馴染んでくれますよ。
プーマは、ルドルフ・ダスラーによりドイツで創業されました。アディダスの創始者アダルフ・ダスラーとは兄弟で、はじめは兄弟2人で会社を立ち上げましたが、意見の食い違いにより解消、のちにプーマが誕生しました。有名アスリートが愛用してきたことで知られ、現在では陸上界のスーパーヒーロー、ウサイン・ボルトもプーマのシューズを愛用しています。

輝かしい歴史を持つプーマ。ピューマが跳躍したロゴデザインは力強さを表しています。
幅広い年代から支持を集めるプーマのチューリンは、洗練されたシンプルさが人気の白スニーカーです。グレーのブランドロゴとブランドマークがさりげないアクセント。丸みを帯びたフォルムが存在感のある1足に仕上がっています。オールホワイトとホワイトベースにブラックラインの2種類展開されています。普段のコーデに合わせたカラーを選んでくださいね。

おすすめはこちらのオールホワイトタイプ。せっかくの春、真っ白なスニーカーで新鮮なコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。
1900年イギリスで創業されたJ.W.フォースター社が始まりとされ、もともとは陸上競技用のシューズをつくるメーカーでした。革新的なシューズとして開発したフリースタイル、1994年に発売したインスタ・ポンプ・ヒューリーは世界で爆発的ヒットを記録。90年代のスニーカーブームのきっかけとされ、今もなお復刻の度に即完売する人気モデルとして愛されています。

話題性のある、革新を持ったシューズづくりが世界中から注目を受け続ける、ハイセンスなスニーカーブランドです。

軍用時計から贅沢な腕時計まで

軍事、ずっと技術の進歩の主要な推力の1つで、特に戦争の時期です。作戦行動には適切な協調が必要で、計器の地位は無限に高くなる。だから、私たちが今日身につけている多くの贅沢な腕時計は、実は最初はサービス軍のために生まれた。
シリアス海RVirシリーズ
イタリアのロイヤル海軍から高精度な計器を提供する。しかし、1930年代後半まで、ブランドはイタリアの戦闘ダイバーのために、現在の有名なRaciamirシリーズの腕時計を作った。Roliamirは実際に表盤に使用されたラジウム蛍光の名称である。この腕時計は大きさが大きく、枕型のケースは直径47ミリで、溶接式のリニアリスト耳を備えて、超長防水表帯を入れる。表盤はサンドイッチ挟層構造になっており、2つの重ねた円盤で構成され、下の円盤には蛍光材料が置かれ、その光が上の円盤上に対応する透明なアラビア数字と棒状の時に表示されている。初期のRolifr軍用腕時計の中心的な特徴は、大きい、はっきりしていて、蛍光と防水であり、これは近代的な腕時計が今でも使われているデザイン言語である。
IWC万国時計大型パイロットシリーズ
1936年、IWC万国表が民用パイロットをサービスする「パイロット特別腕時計」を発表し、ブランドの長い航空時計の歴史を基礎にした。1940年、IWC万国表はまたドイツ空軍の軍用規格の「ナビゲーション」の腕時計を製造し、その腕時計の直径55ミリの超大きな表殻(懐中時計のコア)を組み立て、大型パイロットの名はこれによって来た。この軍用腕時計は、戦闘機のパイロットとして設計され、飛行服を着て身につけた抜群のバンドを組み立て、手袋をつけても操作できる大きな時計冠と、はっきりと読みやすい表盤と、カウントダウンのスピードを切る。第1回IWC万国表の大型パイロット腕時計は1 , 000枚を生産し、ドイツ航空研究院のテストを経て、未来の変化に設計規範を制定した。
BMWのブラックパイン50
1950年代の初め、2人のフランス軍の将校の上校ロバート・ボブ・マルービエと海軍中尉のクロード・リーフォードが創建した平人潜水突撃隊が潜水腕時計を必要とすることを意識した。そのため、2人は特別な要求を満たす腕時計を探し、スイスの制表ブランドのBpanブラックインを見つけた。BMWのブラックパイン五十路腕時計は1953年に発表され、その防水の深さが50メートル(91.44メートル)に達したため、直径42ミリの表殻、旋入式表背とダブルO形の密封座布団を配置した。水の下で完璧な読み取り効果を確保するために、腕時計は黒の表盤を採用し、明瞭な蛍光を飾り、潜水時間の回転テーブルを追跡する。五十路腕時計は、現代の潜水腕時計のために標準を設定しただけでなく、宝石ブラックインのマーク的なスターシリーズとなっている。
宝玉(Breget)Type××シリーズ
1950年代、フランス軍は宝玉(Breget)を含む幾つかの製表者によってパイロットのカウントダウン表を提供し、当局はそれをType 20のカウントダウンと呼ぶ。Type 20のカウントダウンは、直径38ミリの表殻、35時間の動力備蓄、蛍光、はっきりした読みやすい表盤、日誤差が8秒を超えない精確度と、飛返しのカウントダウンの複雑な機能を備えている。高速飛行中は、カウントダウン機能のボタンデザインが操作しやすいだけでなく、パイロットにも貴重な時間を節約させた。今日の宝玉(Breget)のType×腕時計は、これらの骨董の軍用パイロットからの直系の子孫である。