記事一覧

重力に逆らうインテリア?PM2.5を除去する空気清浄機Magic of Water

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpg

仰々しい書き出しですが、クラウドファンディング「Kickstarter」にこんなものが登場しました。インテリア兼空気清浄機「Magic of Water」です。これは水滴が下から上に流れるというもので、水が明らかに万有引力の法則に逆らっています。これってどういう仕組みだ!?
砂時計形の容器の中で、水が滴り落ちています。

しかしそれは、下から上へと動いています。これは人類の夢である反重力装置によるもの……ではなく、あくまでも目の錯覚を利用した仕組み。暗い所に置けば、水が重力に逆らっているように見えるというものです。

このMagic of Waterの正体は、空気清浄機。ホコリやタバコのヤニの匂い、PM2.5を吸収する能力を有しています。
PM2.5は96%以上、ホルムアルデヒドは93%以上除去できるというMagic of Water。空気清浄機といっても決して大きいものではなく、デスクの片隅に置ける程度のサイズに収まっています。デスクワークの際も、威圧感を与えないくらいの大きさです。ラインナップは「Standard」と「Premium」の2種類。Premiumにはデジタル時計とホルムアルデヒド、PM2.5の除去機能がついています。

価格はKickstarterで1169香港ドル(約1万6800円)から。空気清浄機は無機質なデザインのものが多い中、Magic of Waterは視覚的効果を利用したデザインで異彩を放っています。ですが空気清浄機もインテリアの一部だと考えると、この製品の方向性は決して間違ったものではありません。

オメガ海馬シリーズ300メートルのダイビング表現が販売され、北京東方広場の旗艦店はわずか3.5万元

潜水表が好きな友人にとっては、日常に着用する良いダイビング表は、良好な性能、信頼性のある技術を持つだけでなく、適切な価格、一定の知名度のあるブランドも、腕時計を選んだ時に考えられる要素である。冬になると何か潜水表を買うかという人が多いかもしれません。これは大間違いですが、オメガ(OMG)海馬シリーズ300メートルダイビング表は、春夏秋冬でも快適な体験をする腕時計で、特にこのゴム材質を備えた海馬シリーズ300メートルのダイビング表で、冬には快適感があり、親肌度も減点しません。現在、このオメガ海馬シリーズ300メートルのダイビング表現が販売されており、北京の東方広場であるオメガの旗艦店で買える。

オメガ海馬シリーズは、1993年にさかのぼることができ、その腕時計の誕生25周年を敬うため、新たな海馬シリーズの約300個の米潜水表を発売した。新しい海馬シリーズは、この腕時計の独創的なデザインと海洋精神を継承し、高級な素材を採用している。

新しい海馬のシリーズは、300個の米の潜水表の表殻の直径が42ミリメートルに昇格して、前の41ミリの直径に比べて更に合理的です。陶磁器は、OMGを用いて特許を得たCergold®の技術を用いて、白エナメル素材を採用した。

円形または条形の浮彫り時間と透かし彫りの指針は、Serna®の18 Kによって作られ、白のスーパー- Lamiノva夜光コーティングを施しています。この設計と材質の採用は、可能性が低い環境の下で、時間の情報を取得することができる。

表殻側面10点位には、オメガ海馬シリーズを設置した約300個のハナミダイビング表のマーク的なヘリウムバルブを設けており、10時位のヘリウムガスバルブはずっとオメガ300の顕著な特徴で、新モデルの海馬シリーズ300メートルの潜水表は依然としてこの設計を続けているが、弁門の外観を円錐形に変更し、新たな特許技術をアップグレードし、着用者が水に入ることができる次に腕時計内のヘリウムガスを表の外に排出する。

このオメガ海馬シリーズ300メートルのダイビング腕時計のバンドは、ゴム材質のバンドを使用しています。バンドは店内であなたの好みによって交換することができます。そして、精製鋼の材質の表にはオメガのブランドマーク性のある「Ω」のロゴが刻まれています。

波紋のエッジを通してデザインされたサファイアガラスの時計を通して、ココアが動いているのが美しい。新しいオメガ海馬シリーズ300メートルの潜水表の内部には8800至極の天文台の機軸を搭載しており、新しい腕時計の精確度によって、性能と磁気による卓越した向上を実現した。スイス連邦計量研究院を経て、至福の天文台のコアを認証し、15 , 000の高い磁場にも抵抗する。

今年のオメガ海馬シリーズ300メートルのダイビング腕時計が発表されると、今、北京のオメガ・東方広場の旗艦店に現物があって、皆さんが選んで購入することができます。人民元は3600元で、好きな友達は店に行ってみてももっと詳しく知ってみてください

他のロレックスで取得するつもりはないレトロヴィンテージオレンジのスプラッシュを持っている

新しい/未使用のエクスプローラII 216570ブラックダイヤルの時計については、現在約105利用可能です。若干のこれらの腕時計(評判のよい小売業者からの)は、新しいもののための8100ドルの小売価格と比較して、7500の範囲のいくつかで、少しの小売店で新しい/無条件の状態のいくつかです。それは主要な割引でありません、そして、二次市場の多くの時計が世界中から来て、1つがそれとともに行くことができるすべての潜在的頭痛を心に留めなければならないことを心に留めておくことも重要です。
再び、両方のこれらの鋼は、一般的にブランドの特徴である堅固な再販価値から利益を見ます。全体的に私は、それが販売する(または貿易のウサギの穴を見てダウンした場合は貿易)は非常に簡単な時計だので、サブマリナーにエッジを与えるだろう。
“エントリレベル”スチールロレックススポーツ時計の間で選択することは容易ではない、これは特にあなたが最初に決定している場合はtrueです。それが探検家IIと対照的にSubmarinerに来るとき、それは本当に審美的な好みの問題になります。Submarinerで、あなたはあなたの好みに応じてポジティブまたは否定として見ることができるすべてのセラミックベゼルと40 mmケースで象徴的なデザインを持っている。エクスプローラーIIは、すべてのスチールであり、他のロレックスで取得するつもりはないレトロヴィンテージオレンジのスプラッシュを持っているfunkier、より大きな42 mmの時計です。味覚に応じてプラスまたは否定的な食堂。
皆さんは私が選んだどれを知っていますが、実際にこれは私がエクスプローラIIを得ることを決めているのを見ることができます。最後に、私は、GMTマスターII、エクスプローラI、海居住者などのような他のロレックススポーツ腕時計があるということを知っていることを付け加えたいです。したがって、この作品は、他のモデルが存在しない真空の中に存在していない、拡張またはフォローアップを参照してください場合は驚かないでください。
カキ収集時計として、114300のケースは100 mに耐水性で、ネジダウン冠を持ち、サファイヤの結晶で覆われています。ブラックまたはホワイトダイヤルオプションの追加で、オイスター永遠の39は突然、“赤いブドウ”(紫)ダイヤルが提供することができない方法で流行の色ではなく、時代を超越した、保守的な魅力のブランドを見ていないロレックスブランドの伝統主義者のための多くの魅力を得ている。私は、ロレックスがオイスター永久39をよりファッショナブルな時計として利用できるようにすることが優れていると思います、しかし、私のために、白または黒いダイヤルはほとんどの男性の買い手に訴えています。
私は常に、保守的には、紫色と緑の時計ダイヤルでそこに多くの人々を見て楽しいとして製品の推奨事項を作るために戻って好きではない。ということで、私は白または黒の時計のダイヤルの選択肢は、より広く魅力的であることを知っていると私はそれがロレックスが黒と白のダイヤルの変種の114300牡蠣Perpetual 39を導入するための良いアイデアだったと思う理由のために。これらはまた、スポーツ時計のビットとしてオイスター永久現象39を着用したいより多くの男性にコレクションを開きます。価格は、ロレックスオイスター万年39リファレンス114300時計(ダイヤルのいずれか)で5700ドルUSDです。